« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月27日 (土)

NEO BLACK

Neo1 NEO BLACKという印材をUPしました。スタイリッシュで手にしっくりと馴染む握り心地が実にいい感じの印材です。こだわりすぎて少々価格は高めなんですが専用にあつらえた牛革ケースがまた素晴しい製品です。やわらかな上質な革で細部にまで気を配った絶品、お求めになる方には是非このケースとセットでご使用いただきたいと思いあえてケース付でのご案内にしました。若い起業家のライフスタイル・ビジネススタイルにとてもマッチする法人印ですので、これから法人印をお作りになる方にはお奨めします。

ハンコの形状はいろいろあっていいはずなんですが、なにかと閉鎖的な印章業界で新しいデザインのハンコが登場するのは非常にマレなことなんですよ。法人印の形は従来、なぜかひょうたん型の印にキャップがついた業界用語で『天丸さや付』という形状です。最近出てきたチタンなどの印鑑まで、わざわざひょうたん型のスタイルで登場してきています。関西では、実印などと同じ寸胴型の丸棒に法人印を彫る場合もあるようですが、全国的には殆ど『天丸さや付』なんですね。そもそも古来メソポタミヤ文明から興った印章の歴史の中で登場する印には、様々な形状があったので、近年の印章業界が固い頭になっているだけなのでしょうかねぇ?? 問屋さんに言わせるとコスト高になるから印材メーカーが創らないだけのようですが・・・(^^;。
確かに印章の世界は、伝統文化なので変えてはいけないものも沢山ありますが、閉鎖的な業界だけに、いい物は積極的に取り入れて、新しい流れを産み出して進化していくべきだと思っています。
はんこ1番.comでは、今後も新しいハンコの世界を積極的にご紹介していきたいと思います。

はんこ1番.com NEO BLACK

|

2006年5月24日 (水)

がんばれ!かみね動物園

JCの勉強会日立市かみね動物園のゴリラの飼育員、山内直朗さんの話を聞きました。とても興味深く、かみね動物園が大好きな僕としては血が騒ぐ勉強会でした(^.^) 
かみね動物園は今、年々減少する入園者・年間2億円を越す赤字、そのために行われる飼育係のリストラ、老朽化する設備・・・、もしかして廃園?なんてウワサも飛び交うほど危機的な状況にあります。ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、数日前に放送された旭山動物園のTVドラマで、閑散とした廃れた動物園シーンの撮影場所が、かみね動物園でした。日立市民としてこんな悔しいことってないですよね。かみね動物園を再興するために僕たち市民にできることって何なのでしょう?

山内さんは動物園再興に情熱を燃やす熱血飼育員。昨年、動物園再生のために先進動物園であるアメリカのウッドランドパーク動物園を訪れ、孤軍奮闘の武者修行をして来ました。彼は今そこで会得した「エンリッチメント」「ランドスケープイマージョン」と呼ばれる手法を使い動物園の再建に取り組んでいます。
エンリッチメントとは、『動物の幸せ』をキーワードに動物たちのストレスを取り除くため、鉄の檻を取り払い広い空間で生活させ、食事や遊びに工夫を凝らす手法です。
ランドスケープイマージョンは個々の動物の生息地の環境を人工的に擬似した環境を作る方法。
どちらも動物のストレスを取り払い、生き生きとした動物本来の姿を見てもらおうというもの。もちろんかねみ動物園は、ウッドランドパークのように物理的条件が恵まれているわけではありません。新設の施設を作る予算もありません。しかし彼は限られた条件のなかで最善の工夫をし、動物たちがいきいき出来る改善を始めました。するとどうでしょう、少しの環境の変化やエサやりの工夫でも動物たちは見違えるようにいきいきと活動を始めているということなのです。飼育環境は確実に変化し始めています。これからの課題は、行政にその意味を説き予算を取ること。そして何より、市民を喚起しみんなの動物園という意識で参画させることだと訴えます。
ウッドランドパークも旭山もかねては、かねみ動物園と同じく元気のない動物園でした。しかし動物たちの惨めな状況を改善しようと、市民が喚起し動物園革命を起こし復興したのです。50年前、戦後の復興のシンボルとして市民が立ち上がり整備事業に着手した歴史を持つかみね動物園です。僕たちが子供のころ、胸をときめかせたあの感動を、これからの子供たちにもしっかりと引き継がなければなりません。
かみね動物園の挑戦は今始まったばかりです。私たちには、市民の宝を市民自身で守っていく意識改革と、具体的行動が強く求められています。
かみね動物園に対して僕たちに何ができるのか?いろんなやり方はあると思います。
この町に住む一人の市民として、多くの仲間と共に携わっていきたいと思います。
そして、はんこ屋の生きる術として、象牙や水牛など野生動物を扱う人間として、個人のエゴに走らず、しっかりと共存共栄の精神を意識し、加えて行動していこうと強く感じました。

| | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

彫刻工程

Dsc00642 手彫り印章の彫刻工程をご紹介するページを作製しましたので、ぜひご覧下さい。

はんこ1番.com彫刻工程ページへ

| | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

初節句

Cimg0501息子の初節句。
両祖父母を招いて賑やかな一日、もも太郎の衣装が最高でした(^^ )
端午の節句は菖蒲を軒に吊るし強い香りで厄を祓うという行事がおこりだそうです。「菖蒲」を「尚武」にかけた昔の武家社会で男の子に逞しい成長を願って武者人形や鯉のぼりを立てたんですね。菖蒲は勝負にも通じます。息子の成長とはんこ屋稼業の成長・・・いざ勝負。
お風呂場で菖蒲の刀でコテンパにやられながら、負けないぞぉ~と誓う。

はんこ1番.com

| | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

「会社法」本日から施行

いよいよ本日より「会社法」が施行されました。
法人設立を目指す起業家のみなさんには、今までより会社設立のハードルが緩和されたことになります(^.^)。この改正が日本経済の底上げに繋がる大きな起爆剤になってくれるといいのですが・・・。
はんこ1番.com/スタンプナメカワともに、この会社法施行に伴い起業を準備されてきた若い起業家のみなさんや志ある社長さんを精一杯応援してまいります!法人印の価格・納期対応、設立関連のお問合せご相談等々にご満足いただける対応ができるよう準備をさせていただいております。会社設立印に関すること、お気軽にご相談、お問合せ下さい!

はんこ1番.com

| | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »