« NEO BLACK | トップページ | 印鑑の彫り直し »

2006年6月 2日 (金)

智頭杉印鑑

Atusyuku 智頭杉(ちづすぎ)の印材をアップしました!
この印材は環境ニーズに応える新しい印材として、各方面方から注目を集めている新印材です。 
今回の智頭杉は、国産杉っていうところがスゴイんです。みなさんも『杉』ってやわらかくて印鑑の材料としては・・・?と思いますよね。しかも低価格の輸入材全盛の木材市場で国産材では価格が・・・?僕も実物見るまでは、質・価格共に普及は無理かなぁと思っていました。
しかし、実物はどうしてどうして素晴らしい材料に仕上がっていますし、価格もまぁまぁのラインだと思います。
杉は、日本では建築材などに多く利用されるポピュラーな木材ですが、夏と冬の季節ごとに柔らかい層と硬い層の年輪を創る性質上、圧縮しても均一性が保てず、印材のような小さな加工品には向かない材質といわれてきました。しかし、そんな常識に負けずに勇敢にも立ち向かったのが杉産地として有名な鳥取県智頭町の皆さん。智頭町も、近年基幹産業の林業が衰退して危機的な状況にあったということなんですが、そんな中、木工品を製造する際に発生する端材に水蒸気を当てながらプレスを繰り返えし、大変な苦労の末に均一な印章材料としての加工に成功したものなんです。
『金儲け優先のエゴから、みんなで地球環境を守るエコへ・・・』
このフレーズは全世界の人が共鳴するこれからの主軸になろうとしていますが、言葉で言うのは簡単だけど、両立させることは本当はとても難しいことなんだと思います。
今回の智頭杉はそんなテーマを見事に両立したwin-winな商品なんですね(^.^)
捨てるはずの上質な杉端材が、再び大きな使命を果たす印鑑に生まれ変わるなんて、素敵ですよね。
もう一つビックリしたのが、鼻に近づけると、ほんのり杉の香りが楽しめるところ。
温かみのある優しい質感と共に、とっても癒される材料なんですよ。

Sugi18up

はんこ1番.com 智頭杉印鑑のページ

|

« NEO BLACK | トップページ | 印鑑の彫り直し »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171473/10363683

この記事へのトラックバック一覧です: 智頭杉印鑑:

« NEO BLACK | トップページ | 印鑑の彫り直し »