« 大きな角印 | トップページ | 朱肉 »

2006年9月 2日 (土)

象牙印材の比較写真

Zougehikaku2はんこ1番.comでは、2種類にランク分けした象牙印材をご提供しております。
象牙と表記した普通クラスと、象牙特上と表記した特上クラスの2種類です。違いがわかるように印材-印鑑素材の選び方ページに比較写真を掲載させていただきましたので参考にして下さい。
 印鑑で用いる象牙材は、アフリカゾウの上アゴの間歯にあたる牙なのですが、印材を採取する部分により、そのランクが異なります。先端中心部に近い程、キメが細かくなり、数も取れないので希少価値が上がります。
 特上材といわれるクラスは1本の象牙から数本しか取れない先端中心部の目の込んだ美しい印材です。
 普通材はその外側から採取する若干の縞模様が入る印材となります。と言いましても当店の普通材クラスは特上材に近い美しい材料を私自身の目で一本一本厳選仕入れしておりますので自信をもってご提供しております!耐久性は特上材と変わらず、リーズナブルですので、一生ものとしてお使いいただける逸品としてお奨めいたします。

 目の粗い根元に近い材料は、細かな彫刻をする印章材には適しません。そんな粗悪品の見極め方は、手に持ったときの重量感です。一部の激安店には、元に近いブチ材を漂白して白くした印材を取扱う業者もおります。一見綺麗で激安なので良さそうですが中がスカスカで、密度が無く朱肉を吸い上げ永く使用するうちに耐久力が著しく低下する材料ですのでご注意下さい。
 いずれにしても象牙印は、
ワシントン条約により厳しく管理された国内在庫品が流通しているものですので、質の良い材料は入手困難になっていくことが予想されます。

はんこ1番.com

|

« 大きな角印 | トップページ | 朱肉 »