« 安全で美しい牛革ケース | トップページ | 抜けないときは『冷蔵庫』 »

2008年6月 8日 (日)

サヤの秘密

080609a
天然素材の会社代表者印・会社銀行印のキャップ部分は、お渡し時に内側の面を印刀で削ったり、ヤスリをかけるなどして微妙な調整をしているのですが、天然素材の宿命で、素材の乾湿による『きつくて抜けない』『ゆるい』などの症状が後々起きることがありました。
当店では、そんなトラブルを未然に防ぐ為にサヤ部分に特殊加工を施した特別な印材を使用しています。外観からは全く分からないんですが、キャップの内側に0.1ミリ単位で溝をつくり超薄の樹脂性リングを取り付けています。微妙な樹脂の弾力でハンコ本体をホールドするので印を傷めることなく、ゆるい・きついのトラブルを解消しています。
20080609b
本柘・黒水牛・牛角材の会社代表者印、会社銀行印で採用しています。

|

« 安全で美しい牛革ケース | トップページ | 抜けないときは『冷蔵庫』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安全で美しい牛革ケース | トップページ | 抜けないときは『冷蔵庫』 »