« いきいきわくわく例会で仲間づくり | トップページ | 「丑」干支文字切手 »

2008年12月 3日 (水)

金融・経済危機にどう対処すべきか

経営コンサルタントKGK横山孝文氏による金融危機対処法の講演を聞いてきました。
年末商戦真っ只中、残業続きで寝不足フラフラの状態での参加でした。
元銀行支店長さんのグローバルな話は当店のような個人商店には、スケールが大きすぎて眠くなっちゃうかなぁ・・・?そんな思いが正直ちょっとありました。
元来、暗いニュースを聞きすぎてネガティブになるより、やるべきことに集中して、いかにモティベーションを維持するかを常に意識しようとしている人間なので、自分の課題と直結しない話なら、集中力を阻害されるのであまり聞きたくないなぁとすら思っていました。

しかし、横山氏の話は大きく感性を揺さぶられる、私のような考えの人間にカツを入れるエキサイティングな内容でしたpunch

サブプライムやリーマンショックの概要、今後の世界情勢の話。
金融のプロである横山さんの話は、非常にわかりやすく、現状認識のうえでとても参考になる話でした。更に、この話から経営者である皆さんは何を考えますか・・・?
という我々に考えさせらせる投げかけから眠気を吹っ飛ばされるセミナーへ突入していきました。
この危機に対応するには、教科書に載っている方法やっても中小企業には通用しない。大企業のまねをしてどうする!
我々は弱者である。弱者には弱者の戦略がある。『選択と集中』が大切だ!
あれもこれも手を出さず1コに集中しろ!
自分の核心を着かれた。
しかもまだまだあれもコレもやりたいことにココロを振らつかせ、集中なんてしていない自分がいることに気付かされた。
そうかぁ!『選択と集中』とはこういうことかぁsign03
思いがけず(失礼)、大局を見る目を養う努力の話から、今ココの精神の置き方まで、深いところを学ばせていただいた機会でした。

1つに絞ります。・・・まずはコレだ!(内緒だけどsmile

|

« いきいきわくわく例会で仲間づくり | トップページ | 「丑」干支文字切手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いきいきわくわく例会で仲間づくり | トップページ | 「丑」干支文字切手 »