« 苦労を苦労と感じないケセラセラの人生 | トップページ | 読書にハマッてます。 »

2009年5月27日 (水)

捺印時に髪の毛を挟む社長

ある方から興味深い話をお聞きしました。
とある社長さんは、印を押す時、自分の髪の毛を紙と印の間に挟ませるというのです。
ムム、どうして?
それは「誰にも気付かれず、自分が確かに捺印したことがわかるから」ということ。
なーるほどsign01
『はんこ』の持つ力を重んじるほどに、いろんな想い入れがあるものですねー。

たしかに、印章の重みはズシリと重く、たとえ認め印といえども民法上は実印と同じ効力を持ちます。カンタンに捺印した結果が人生を左右する責任問題になることも・・・。

くれぐれも、『はんこ』を押す際は、一呼吸おいて、慎重に捺印してくださいね。

|

« 苦労を苦労と感じないケセラセラの人生 | トップページ | 読書にハマッてます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦労を苦労と感じないケセラセラの人生 | トップページ | 読書にハマッてます。 »