« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

結婚記念日

結婚記念日birthday 今日で5年ですhappy01
特別なこともしないけど、特別なことをしない記念日を迎えていることにとても幸福を感じています。

この5年で、とても大切なことを学びました。
幸せとは、家族の笑顔、触れ合う人々の笑顔のなかにこそ存在するんだなぁ・・・。

いつもありがとう!これからもヨロシクねshine

| | コメント (4)

2009年6月26日 (金)

【はとバス】の経営改革

20090626
同友会水戸例会に参加。今回は 経営危機に陥った【はとバス】の危機を救った宮端清次さんの経営改革の講義でした。

東京都交通局長、都営大江戸線建設の責任者・・・と東京都のエリート官僚であった宮端さんが定年間際の最後に受けた辞令は、
『はとバスの再建』でした。
当時の【はとバス】の状況は崩壊寸前。4年連続赤字。融資を止められれば即破綻。それは誰もが尻ごむ経営内容でした。

宮端さんは社長就任の挨拶で宣言します。「1年で黒字に変わらなければ退陣する」
一緒に就任した役員全員から辞表を預かり、退路を断ったスタートを切ります。

しかし、現場のことを知らず、コスト削減を強行する姿勢に、所詮自分たちの境遇を感じ取れるリーダーではないと見透かされ、エリート官僚の宮端さんの社長就任を社員は【天下りの腰掛け】と判断し、拒絶します。

宮端さんは、渋沢栄一の言った経営とはソロバンと論語の両立【仕事の厳しさと社員を想う人間としての優しさ】が必要だということを痛感したと言います。
経営者責任として、2800人からの社員家族の生活を守り、やる気(役割・生きがいの創出)をもって、仕事に取り組む意識改革を遂行する。そのことを経営再建の中心に据えました。
そのためにはまず自分が変わることと、社長専用車を降り、満員電車に揺られて出勤し、休日には自腹で【はとバス】に乗り込み自らが体感し、徹底してお客様の声を聞く、率先垂範に努めました。

失敗、失敗、失敗の連続。
しかし、恐れるは失敗することではなく、失敗から学べないことを恐れる。変われないことを恐れると氏は語ります。

『真のリーダーとは、社員の心に灯を点せる人であること』
たかがはとバス、されどはとバス、さすがはとバス!
そう言われるまで社員意識を変革し、お客様満足を徹底し、見事に企業再建を成し遂げたのです。

『あの人の為・・・』、きっと社員の皆さんが本気で発起し、ベクトルを合わせ努力されたんだとろうと感銘を受けながら拝聴いたしました。愛と献身の気概。ノブレスオブリージュの精神に敬服致しました。

気概溢れる宮端さんの気迫にサムライの姿を重ね見たのは僕だけではないでしょう。

宮端清次氏 敬愛する上杉鷹山のような方でした。

| | コメント (0)

2009年6月19日 (金)

想いが、人を動かす。

20090619b
同友会日立支部6月例会に参加。
今回はプロダクトデザイナーの吉田晃永さんの経営体験報告でした。

僕と吉田君は中学校の同級生。
とはいっても、当時の彼と僕はまったく会話を交わしたことはありませんでした。
というのも彼は極端に無口な少年だったのです。
その寡黙な彼が、今では東京・日立にオフィスを構え、国内外に数多くのヒット商品を送り出す人気のデザイナーに大変身。久しぶりに再会した時は、正直ビックリしてしまいました。

いったい何が彼を変えたのか? 今回の例会ではその心境の変化とこれまでの道のりを穏やかな語り口でご披露いただきました(^.^)
 
20歳を超えても、何をやっても長続きしないモンモンとした青春時代を過ごしていた吉田君。 とにかく崖っぷち。
もう後がないギリギリの状態で彼が導き出した答えは、
『とにかく夢中になれる、自分が一番好きなことと、得意なことで仕事がしたい』という事でした!

絵を描くことが好き。

車やバイクが好き。

・・・・・

shineflairshine自動車関連のデザインがやりたいsign03それが空腹と絶望の最中で導き出した究極の想いでした。

『夢』をみつけた彼の生活は一変します。

関連職種を幾多と亘り、切り口を変えながらデザインの腕を磨く道は決して平坦なものではありませんでしたが、夢の実現に向けての熱い想いが、血のにじむような努力を積ませ、次第に類まれなる感性を手に入れることに繋がります。

想いが、人を動かす。強く印象付けられました。

好きな事に没頭し、その努力が誰かの幸せに貢献する。

楽しそうに今を語る吉田さんの瞳は、キラキラと輝いていました。

純粋な少年の心をいつまでも失わずに、自分の信じる道をまっすぐ歩いていきたいものです!

それにしても、いい仲間にめぐり合えて僕は幸せだなぁ・・・happy01
20090619a
オブザーバーの方々にも多数参加いただいて、今回も大盛況の日立支部例会でしたsmile
特に、例会の最後に水戸支部の上金委員長、南西支部の松田委員長、そして日立支部の僕と、3支部の例会委員長で支部例会のPRや全県例会PRを行えました! いやぁ~最高!うれしいねぇ(^.^)
同友会のみなさん! 次は7月15日 全県例会in日立ですよぉ~。お待ちしています!

| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

日本の跡取り娘・撫子奮闘記

20090611
つくばにて同友会南西支部例会に参加。
今回は日立支部の西山知子姐さんの『日本の跡取り娘・撫子奮闘記』というテーマの報告例会でした。
元歌手として活躍した芸能界から一新、実家に戻り家業である建設会社の事業継承・・・波乱万丈の奮闘記でした。

昨年7月に出演したテレビ東京の特番『爆笑!日本の跡取り娘』を楽しく観賞したのち、その後スムーズに継承したという話かと思いきや、その後のリーマンショック以降、荒れ狂う建設業界大波の中で、もがきにもがき苦しむ日々。苦境に立ち向かうお父さんである現社長と、時代の変化と共に新スタイルへの移行を警鐘する知子ねーさんの苦悩。二人の心の葛藤がハラハラドキドキの手に汗握るドラマテックな内容でした。赤裸々過ぎでちょっと心配bearingになるくらいのスゴイ例会でした。
同友会では、いつも気張って笑顔で振舞う知子ねーさんの胸の内、とても心に響くものがありました。
僕も3代目として祖父・親父から事業を継承した後継者として、痛いくらいに共感する部分と、西山社長の子を想う気持ちが客観的に感じとることが出来きて、自分の身に置き換え、好き勝手にやらせてくれた親父への感謝をあらためて痛感した機会でした。
もうすぐ父の日・・・ちょっと恥ずかしいけど、親父に感謝の気持ちを伝えようと想います(^.^)

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

忘れてはならない大切なもの

JCの仲間を中心に新しい勉強会を立ち上げました。
名前は『いばらき岬塾』
作家の岬龍一郎先生をお招きして、日本思想史から忘れてはならない道徳心を学び取り、参加者それぞれのフィールドで社会貢献につながる勉強会にしようという趣旨の有志の会です。
福澤諭吉、新渡戸稲造、西郷隆盛、上杉鷹山、吉田松陰、良寛、二宮尊徳・・・あらためて先哲の行動史、思想史を学び直す中から日本人気質の『美しさ』と『優しさ』に忘れてはならない、大切なものを再認識させられます。ご興味のある方は一緒に勉強しませんか?

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

パパの絵

20090607 昨日の午後は、幼稚園で描いた息子の絵がイトーヨーカ堂さんの特設会場に飾られているというので観て来ました。


父の日ということでパパを描いてくれました・・・ウレシイsmile

| | コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

新たなる挑戦!

当店のスタッフ白倉が、印章彫刻の勉強を始めましたgood
グラフックデザイナーの彼女は、当店では主にゴム印、印刷物のデザインから製作業務を担当していますが、『印章彫刻やりたい!』と申し出てくれて職人修行にチャレンジすることにsign01手彫印章を学ぶ人が全国的にも希少のなか、当店の技術に対する想い(理念)に共鳴してくれたことは、この上ない喜びhappy01
もちろん僕も教えられることは全て伝えていきたいと思いますが、せっかくやるなら本格的に学ぶべきと、僕が学んだ東京で行われている技術講習会への入会を勧めました。本人も頑張るということで、今日がその第一日目。
昨夜、篆刻教室で東京に宿泊していた事もあり、朝、神保町駅で合流して講習会へ顔を出してきました。
僕がココへ来たのは高校卒業したての18歳の春。20数年前のあの緊張が蘇りますねぇ・・・。今年の初等課は9名とのこと、どんなドラマがまっているのかなぁ~。楽しみです!
数年後には女流印刻士に育ってくれることを夢見て・・・winkshine

| | コメント (0)

2009年6月 6日 (土)

篆刻指南

篆刻の大家であられる内藤富卿先生から篆刻のご指導をいただける機会に恵まれ月一回、上京することになりました。本日はその第一回目。
一緒に学ぶ方々は印章彫刻のプロばかりなので、圧倒されて緊張しまくりでしたsweat01
貴重な機会なのでじっくり学ばせていただこうと思いますannoy

| | コメント (0)

2009年6月 2日 (火)

定番データー印応援価格!

Dateg003
オフィスの必需品。データー印がプライスダウン!

データー印4号丸 1260円(税込)

データー印5号丸 1260円(税込)

不況なんてぶっ飛ばせ!
皆さんの会社の経費節減を強力にバックアップしますpunch

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »