« 接客チーム頑張ります | トップページ | はんこの贈物 »

2009年11月25日 (水)

話し方講座

昨夕は、FMぱるるんの小川啓子さんによる話し方講座へ行ってきました。とっても楽しいセミナーでしたhappy01
僕にはスピーチといえば思い出す大失敗があります。今回のセミナーでも、あの頃受講していればなぁーと当時を思い出しながら、シミジミ話す事の意味を考えさせられました。

僕は今から20年以上前、結婚式の友人代表スピーチで絵に描いたような『頭真っ白』状態でただ呆然と立ちすくんだ経験があります。今でこそ、人前で話す機会が増え、そう言うと信じられないといわれますが、人前で話す事ができるようになりたくて無理をして、いろんなセミナーや異業種交流に参加したのがそもそものきっかけだった僕の原点です。

20才そこそこの僕は、人一倍カッコつけたがりの青年でした。
結婚式自体にも出席経験が無く、ましてスピーチなんてまったくの初体験。にもかかわらず紙を見ながらスピーチなんてカッコ悪いなぁーとばかりに、必死に原稿を丸暗記して完璧な準備をして式に臨みました。今思えば当たり前なんですが、案の定、演台に立つとその場の雰囲気に完全に飲まれ、真っ白に・・・。
『穴を掘って隠れたい』・・・あぁ、あの瞬間・・・今でも思い出すと冷や汗が出ますcoldsweats02

でも、振り返るとあの経験が僕に新たな人生の気付きを与えてくれたのだとの思っています。あの時の大失敗のおかげで、いろんな挑戦をして、経験を積んで今ではありのままの自分で話す事ができるように少しはなったんだと思います。
相手に伝える行為である『話』は、自分が主役ではなく、伝えたい相手が主役。どう話せば相手に想いが伝わるかが大切な事で、自分のことはどうでもいいことなんですよね。
『相手を想う』ということは、スピーチばかりではなく『人生』を円滑にするキーワードでもあります。とってもむずかしいテーマですけど、幸せのカギはそこにあると僕は大切なことをそこから学ばせていただきました。

小川さんの話は、観衆を魅了し心を惹きつけます。
アナウンサーとは思えない歯に衣着せぬ物言いこそ、「ありのままこそ相手の心を捉える」という小川さんの信念の実証。今回も会場をいじりまわすライブエンターティメント。堪能させていただきましたlovely

|

« 接客チーム頑張ります | トップページ | はんこの贈物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 接客チーム頑張ります | トップページ | はんこの贈物 »