« 答えは必ずある | トップページ | 幼虫くんの引越し »

2009年11月14日 (土)

「第41回 日展」

200901114a
六本木の国立新美術館で「第41回 日展」を見てきました。
スケールの大きさに圧倒されながらも、しっかり目と心の栄養を補給してまいりましたsmile200901114b
日展は日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の5分野あり、とにかく作品数が膨大。
一度に全部見て回ろうとすると時間はもちろん感性がシビレっぱなしでヘトヘトになりますwobbly
はじめの部屋で飛び込んでくるインパクトある作品の数々『スゲーッ』と心の中で叫びつつ食い入るように見ていくんですが、その感覚が途切れることなく続くんですよね・・・。
お目当ての書(篆刻)が最後の展示なので、たどり着く頃には疲労コンパイsweat01

とにかく本物を見ること。これに勝る刺激は無いですね。感動の数だけ豊かさが増す・・・。

いつか僕も出展できればいいなぁconfident 人の心を豊かにするって素敵なことですよねー。 頑張ります。

|

« 答えは必ずある | トップページ | 幼虫くんの引越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 答えは必ずある | トップページ | 幼虫くんの引越し »